脂肪肝を回復させよう!まず症状と原因を知る

脂肪肝を回復することが可能です。脂肪肝に関する正しい知識

脂肪肝 回復,脂肪肝 症状,脂肪肝 原因

肥満、高脂血症、高血圧を伴ったりする脂肪肝!
脂肪肝の治療と食事療法、脂肪肝に良い食べ物を紹介します。

 

肝臓は別名人体の化学工場、第2の心臓と呼ばれたりするだけに、タンパク質の合成や様々な代謝作用、解毒作用や免疫機能を管理するとても重要な臓器です。

 

 

脂肪肝の症状が長く続くと、栄養失調につながります。

 

 

脂肪肝のような肝臓疾患が発生し、肝機能が落ちると肝臓はいろいろな栄養素を合成することができません。 また、代謝障害が生じるために肝硬変が悪化して身体は慢性的な栄養欠乏状態になります。

 

基本はバランスの取れた食事と運動

 

脂肪肝など肝疾患の患者は基本的にバランスの取れた食事を摂り、適度な運動をすれば、日常生活で食事制限を特にする必要はありません。

 

 

但し、お酒は当然、避けなければならないでしょう。
また、肝臓には解毒作用をする役割がありますから、肝臓へ影響を与える各種の合成添加物がたくさん入った、インスタント食品や加工食品も控える必要があります。

 

すべての栄養素をまんべんなく摂取すること

 

脂肪肝に良い食べ物や献立は、基本的に肝細胞の回復と再生を助けてくれます。エネルギーを供給する高カロリー、高たんぱく、高ビタミン、低脂肪食が奨励されますが、過度に栄養摂取をすることもよくありません。

 

 

基本的にはバランスの取れた献立を維持して、豊富な種類の食べ物の中から様々な形で摂取した方が良いです。

 

良質のたんぱく質の摂取は肝臓の細胞構成と活性化を手伝ってくれますから、もちろん、重要です。

 

脂肪は赤身の肉の脂肪よりは、不飽和脂肪酸の植物性脂肪や魚の脂肪が良いです。

 

白米より雑穀

 

炭水化物は適正量だけ摂取してください。 但し、食パンや小麦粉、インスタントよりは大豆や小豆、それに様々な全粒穀物で構成されている雑穀が良いです。 パンも全粒粉パンの方が良いです。

 

 

繊維質が多い野菜と果物も脂肪肝には良い食べ物です。 また、ビタミンB群、無機質(カルシウム、鉄分)などが豊富に入っている食品を十分に摂取することをお勧めします。

 

その他、乳酸菌入り飲料とかお酢を1日15cc程度飲んでも良いです。 お酢を飲んで3時間程経過すると、酢酸が褐色脂肪細胞を刺激して過剰な脂肪を燃焼してくれます。 また、腸内に生息する良い乳酸菌は酢酸を絶えず生成して肥満を予防してくれます。

 

悪い食べ物を食べないことが重要

 

肝臓を良くする特別な食べ物が必要なわけではありません。 もちろん、悪い食べ物を食べないことが重要です。
また、例えある特定の食品が流行するとしても、そこに執着する必要はないです。
消化機能に問題がなければ、ヘルシーで美味しい料理をまんべんなく摂取することが役に立ちます。

 

 

むろん、ある程度の食事療法が必要になる場合もあります。 脂肪肝患者の内、過体重や肥満の場合、或いはアルコール性脂肪肝の場合は運動と食事療法で体重を先に減らしてから禁酒をすることが重要です。

 

もし断食をするのであれば、専門家の指導の下でしなければなりません。 断食はそれ自体が脂肪肝を悪化させたり、招いたりしかねません。 肝硬変患者の内、腹水や肝性脳症があれば塩分/たんぱく質の摂取を制限しなければならない場合もあります。

 

結論としては、どんな食べ物を食べるかより、本人の症状に合うバランスのとれたメニューが重要だということです。

 

 

脂肪肝の原因は年齢、遺伝、喫煙、度を越した飲酒、生活習慣、運動不足など
いろいろ原因を挙げればきりがないのですが…
原因はたいしたことでは無くて、たくさん食べ過ぎたとか、つい食べてしまった、そんなことです。
それが真理です。

 

 

適切な有酸素運動は脂肪肝を回復させる

まず、全体的なダイエットをして、全体的に体脂肪を減らし、補助的にストレッチや適切なヨガをして、より脂肪の分解がうまくいくように手助けをすることはできます。

 

また、道理から言っても、まだ科学的に正確な根拠はありませんが、事例を見ると、確かにストレッチやヨガを並行していた人の方が脂肪肝は少ないです。

 

しかし、ストレッチやヨガはあくまでも補助的な手段で、健康なダイエットメニューと適切な有酸素運動が本質だということを肝に銘じておきましょう。

 

結論は健康なダイエットをしなければならないと言うことです。

 

実際は、バランスのとれた食事や適切な有酸素運動・・・
結局は、これが答です。

 

近道を行こうとしないで健康なダイエットをすることにしましょう
地道に続ければ、肝臓の脂肪がある瞬間、すっかり落ちています。

 

 

脂肪肝というのは、言葉そのまま肝臓に
脂肪が蓄積された状態をいいます。

 

 

したがって食事と密接な関係があり、カロリーが高い
欧米化された食べ物と運動不足が影響を及ぼします。

 

肝疾患は死亡原因にもつながる非常に危険な
疾患ですので、多くの人がかかっており、中年以降では
さらにその割合が上昇する脂肪肝を回復するために、
どのようなものなのか知っておいたほうがいいでしょう。

 

脂肪肝に関するQ&A

 

脂肪肝は回復が不可能?→×

肝臓はは再生能力が高いのでお酒、肥満などの要因を
排除すれば再び正常に戻ることができます。

 

しかし、肝硬変まで進行して一度硬くなってしまった
肝臓は、正常に戻すことはできません。

 

 

脂肪肝は肝臓癌に進行しない?→×

脂肪肝だけという状態では、原因のみを排除すれば
再び正常な肝臓へ回復できます。

 

しかし、アルコール性脂肪肝は酒を節制しななければ、
アルコール性肝炎、アルコール性肝硬変に
進行する恐れがあります。

 

また非アルコール性脂肪肝臓はほとんど進行しませんが、
肥満などの原因に対して何の対策も行われない場合、
肝硬変まで進行する可能性があります。

 

 

.お酒はたまには暴飲するよりも、毎日少しずつ飲むのが肝臓とって有害?→○

一度に焼酎を1本飲酒すると肝臓は何とか解毒
しますが、2本以上は解毒させる能力がありません。

 

したがって暴飲も良いことではないですが、肝臓は
再生能力が強いため3、4日安静にすれば、
再び正常な状態に肝臓に回復します。

 

しかし毎日の飲酒は、肝臓が休息する時間を与えず、
再生力によって行われるはずの損傷の修正が
行われなくなってしまうため、一週間に1、2日程度は
休肝日をもうけなければなりません。

 

肝硬変になったら、肝臓に痛みがでる?→×

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、何かしら問題がある場合も
ほとんど痛みが出ません。

 

また症状もほとんどないので、身体検査などで
発見される場合が多いです。

 

診断は飲酒習慣などや病歴、体重、糖尿や肝機能検査
などの血液検査、超音波検査などで行われます。

 

肝機能障害がある際には、慢性肝疾患の最である
B型またはC型肝炎ウイルス検査も行います。

 

回し飲みをするとB型肝炎に感染する場合がある?→×

回し飲みによってB型肝炎が伝染される可能性はありません。

 

これは様々研究によって明らかになっている結果です。
複数の医学学会からも「B型肝炎は唾液などを通じて
日常生活で伝染される可能性はない」
「B型肝炎は食べ物を通じて伝染されることはなく、
食器などを別に管理する必要はない」とのコメントが出ています。

 

また日常生活外(医療行為や性行為)での感染が
心配な場合は、予防接種にて感染を防ぐことも可能です。

 

B型肝炎ウイルス保有者たちは病気を広めると認識し
遠ざけるのは大変誤ったことです。

Sponsored Link