脂肪肝を回復させよう!まず症状と原因を知る

脂肪肝を回復が可能です。脂肪肝に関する正しい知識

脂肪肝 回復,脂肪肝 症状,脂肪肝 原因

 

脂肪肝というのは、言葉そのまま肝臓に
脂肪が蓄積された状態をいいます。

 

 

したがって食事と密接な関係があり、カロリーが高い
欧米化された食べ物と運動不足が影響を及ぼします。

 

 

肝疾患は死亡原因にもつながる非常に危険な
疾患ですので、多くの人がかかっており、中年以降では
さらにその割合が上昇する脂肪肝を回復するために、
どのようなものなのか知っておいたほうがいいでしょう。

 

脂肪肝に関するQ&A

 

脂肪肝は回復が不可能?→×

肝臓はは再生能力が高いのでお酒、肥満などの要因を
排除すれば再び正常に戻ることができます。

 

しかし、肝硬変まで進行して一度硬くなってしまった
肝臓は、正常に戻すことはできません。

 

 

脂肪肝は肝臓癌に進行しない?→×

脂肪肝だけという状態では、原因のみを排除すれば
再び正常な肝臓へ回復できます。

 

しかし、アルコール性脂肪肝は酒を節制しななければ、
アルコール性肝炎、アルコール性肝硬変に
進行する恐れがあります。

 

また非アルコール性脂肪肝臓はほとんど進行しませんが、
肥満などの原因に対して何の対策も行われない場合、
肝硬変まで進行する可能性があります。

 

Sponsored Link

 

.お酒はたまには暴飲するよりも、毎日少しずつ飲むのが肝臓とって有害?→○

一度に焼酎を1本飲酒すると肝臓は何とか解毒
しますが、2本以上は解毒させる能力がありません。

 

したがって暴飲も良いことではないですが、肝臓は
再生能力が強いため3、4日安静にすれば、
再び正常な状態に肝臓に回復します。

 

しかし毎日の飲酒は、肝臓が休息する時間を与えず、
再生力によって行われるはずの損傷の修正が
行われなくなってしまうため、一週間に1、2日程度は
休肝日をもうけなければなりません。

 

肝硬変になったら、肝臓に痛みがでる?→×

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、何かしら問題がある場合も
ほとんど痛みが出ません。

 

また症状もほとんどないので、身体検査などで
発見される場合が多いです。

 

診断は飲酒習慣などや病歴、体重、糖尿や肝機能検査
などの血液検査、超音波検査などで行われます。

 

肝機能障害がある際には、慢性肝疾患の最である
B型またはC型肝炎ウイルス検査も行います。

 

回し飲みをするとB型肝炎に感染する場合がある?→×

回し飲みによってB型肝炎が伝染される可能性はありません。

 

これは様々研究によって明らかになっている結果です。
複数の医学学会からも「B型肝炎は唾液などを通じて
日常生活で伝染される可能性はない」
「B型肝炎は食べ物を通じて伝染されることはなく、
食器などを別に管理する必要はない」とのコメントが出ています。

 

また日常生活外(医療行為や性行為)での感染が
心配な場合は、予防接種にて感染を防ぐことも可能です。

 

B型肝炎ウイルス保有者たちは病気を広めると認識し
遠ざけるのは大変誤ったことです。

Sponsored Link