疾病型、宿便型、内臓脂肪型の場合の脂肪肝や腹部肥満を回復

自分で脂肪肝や腹部肥満を回復する方法

脂肪肝,回復,疾病型,宿便型,内臓脂肪型

脂肪肝や腹部肥満の内臓肥満は様々な生活習慣病など
各種の難治性疾患の根本原因となるだけではなく、
美容上の観点からも悪影響を及ぼし、腹部肥満を
回復しようとして関心が高まっています。

 

現代的な各種の療法が登場していますが、脂肪肝や
腹部肥満を抜本的に回復する方法を見出すことは
現状では困難です。

 

しかし、腹部肥満の根本的な原因をよく理解して効果的に
体調管理をすれば、誰でも腹部肥満を回復することができて
美しい肉体を持つことが可能になります。

 

機能を回復させ自分で脂肪肝や腹部肥満を治す

 

1. 首や背中の脊椎の硬直を解消します。まず中枢神経を
解消することが重要です。

 

首や背中の脊椎の硬直が解消しなければ、脂肪を分解する
ホルモンの分泌が促進されず、いくら良い腹部肥満の
回復法を試しても骨折り損になるだけです。

 

1)肩をすくめて、肩の筋肉を解します。
2)あごを、円を描くように回して頚椎(けいつい)を
弛緩(しかん)させる運動を適宜行います。
3)首を左右に無限大の∞を描くように動かして解します。
4)背中をまっすぐに伸ばす運動を適宜行います。
5)首の甲状腺の部分を時計回りとは反対方向に回して解します。

 

2. 腹部とおへそを中心に自分の手と呼吸を利用して
腹部の毒素を排出します。

 

3. 問題のS字結腸がある左下腹部を自分の手でそっと押して、
腹部のガスと老廃物を除去し、機能を回復させます。

 

4. 自分の両手の指で腹部の脂肪部分を揉み出すようにして、
脂肪を分解します 。

 

 

男性は90cm、女性は85cmを超えると腹部肥満と判定されます。
腹部肥満は皮下脂肪型と内臓肥満型がありますが、
二つの肥満型はともに健康に致命的とも言える悪影響を及ぼします。

 

Sponsored Link

 

1. 内臓脂肪型、脂肪肝や腹部肥満

 

1) 交感神経を中心としたストレス性の肥満が最も重要な因子です。
ストレスを受けると、ストレスホルモンのコルチゾールやノルアドレナリンの
分泌が促され、全身の筋肉が緊張して血液循環の障害が生じます。

 

交感神経の緊張が持続すると、副交感神経の支配を受ける腹部の
各臓器は十分な血液の供給を受けることができなくなり、
機能障害が生じます。

 

その結果、ホルモン機能が低下して肥満の直接的な原因になります。

 

2) 過食と運動不足に因ります。食べる熱量に比べて運動が
不足すると、残ったエネルギーを腹部に保存することになります。

 

従って、現代人が腹部肥満になるという事はそれだけ
ぜい弱な環境で生活していることになります。

 

3) 肥満が万病の原因と言われるのは、一定量の脂肪を摂取すれば、
体内の代謝作用を経て、エネルギー源に分解されますが、
その処理範囲を越えた脂肪は体内に蓄積されます。

 

それと同時に毒素も蓄積されて、脂肪の分解を妨げるため、
次第に太りやすい体質に転じてヨーヨー現象が
繰り返されることになります。

 

2. 疾病型、脂肪肝や腹部肥満

 

疾病型腹部肥満は腹部の中にガスが溜まる腹部膨満型肥満です。

 

疾病型腹部肥満は体内の解毒機能を担当している肝臓や腎臓の
機能低下によって発生します。 呼吸をする過程で活性酸素が発生し、
飲食物を分解する過程で尿酸やアンモニアなどが発生します。

 

また、大腸の腸管に住みついているカビやバクテリアウイルス、寄生虫など
の細菌によって炎症が引き起こされ、毒素が発生します。

 

これを効果的に処理する肝臓や腎臓の機能が低下すれば、これらの
有害毒素が腹部を膨張させて腹部肥満を起こすことになります。

 

これらの毒素は一部の腸細胞が損傷した部位を利用して血液の
中に入り込み全身に広がって各種炎症反応を起こす主犯となります。

 

また、公害など各種の環境汚染から流入した毒素の被害も
腹部肥満の主な原因です。

 

3. 宿便型、脂肪肝や腹部肥満

 

宿便型腹部肥満は下腹部が飛び出している肥満と肺機能の低下で
大腸に十分な酸素が供給されないために発生する腹部肥満型です。

 

体内には宿便が3〜5kg溜まっていて、宿便だけ除去しても体重を3-5kg
減らすことができるだけでなく、腹部肥満から脱出することができます。

 

便秘の原因は悩み事があったり、憂うつな事や悲しい事など問題を
多く抱えている人に発生することが多いです。

Sponsored Link