脂肪肝がある場合の食事管理で気をつけること

脂肪肝の食事管理体重を減らせば予防できる

脂肪肝,食事管理

脂肪肝食生活の管理が大変重要です。
なぜなら脂肪肝は体重を減らすことで
予防することができるからです。

 

しかし、急にダイエットをすることは良くないです。

 

急なダイエットをすれば肝臓に損傷を与えるだけでなく、
肝臓に大きな負担がかかり、最後には肝臓が
身を削って機能しているような状態なるので
注意しなければなりません。

 

バランスの良い食生活と適度な運動を通して
肝臓の健康を取り戻すべきです。

 

脂肪肝がある場合の食事管理

 

1)食事量を調節して適正な標準体重を維持します。

食事量が増えると、その分、摂取するカロリーも増えます。

 

体内で使用して残ったカロリーが中性脂肪に
変わって肝臓に入ることになります。

 

2)糖質の食物を過剰摂取しないことです。

糖質の食べ物は、インスリンの量を増やし、
血液内の中性脂肪の数値を上昇させます。

 

3)タンパク質と野菜をまんべんなく摂取します。

例えバランスが取れているとしても、
多量に摂取をしないようにします。
また油っこい肉類は避けた方が良いです。

 

果物の摂取も健康に役立ちますが、度を超すとカロリーの
増加につながります。1日1個程度に調節した方が良いです。

 

Sponsored Link

 

4)お酒は避けます。

お酒は肝臓で分解・吸収されて中性脂肪などに変えらます。

 

また、肝細胞の損傷をもたらすので注意しなければなりません。

 

5)規則的に運動します。

胴回りを基準にして測り、男性は90cm、
女性は85cm以上であれば脂肪肝だけでなく、
各種疾患の原因になると言われています。

 

ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動で
体重を減らすことはもちろん、腹部肥満を解決して
肝臓の健康と健康な生活のために努力しましょう。

 

脂肪肝の原因と食事管理 脂肪肝とは何ですか。

 

今日は健康の話をします。まず脂肪肝について
調べてみることにします。

 

脂肪肝はアルコールをたくさん飲むと起こる
疾患ということは分かっています。

 

最近では非アルコール性脂肪肝と言って、お酒をあまり
飲まない人でも脂肪肝と診断されることがあります。

 

脂肪肝とはどういう病気で、
どのように予防することができるのでしょうか。

 

脂肪肝の原因

 

脂肪肝とは肝細胞内に脂肪質が過剰に蓄積されて、
正常な肝細胞が破壊される症状を言います。

 

言い換えれば、肝臓に脂肪が溜まって大きくなり、
肝細胞の機能が低下する状態です。

 

肝臓内に脂肪質が過剰に蓄積されると、
心血管疾患の他、様々な代謝疾患の
危険性がかなり高くなります。

 

腹部肥満(内臓肥満)の患者の場合が多く、
心臓や筋肉にも脂肪が溜まることがあります。

 

肥満や飲みすぎが主な原因だということは知られて
いますが、栄養不良の場合にも脂肪肝が
現われることがあります。

 

症状が軽い場合は大して問題になりませんが、
肝炎や肝硬変などの疾患に進行することもありますので、
初期の段階で解決する必要があります。

Sponsored Link

脂肪肝の原因と食事管理、内臓肥満を初期の段階で解決記事一覧

脂肪肝を予防する食習慣脂肪、カロリー、アルコール

脂肪肝の予防と改善のための正しい食習慣は?脂肪肝は肝臓の脂肪の代謝障害によって肝細胞に中性脂肪が過度に蓄積された状態をいいます。成人によく現れる疾患なのですが、症状があまり現れず、気づきにく疾患でもあります。脂肪肝の状態が悪化すれば、肝機能が低下し疲労感や食欲不振、吐き気、嘔吐、下腹部の膨満感、肝臓...

≫続きを読む

脂肪肝は症状が出ない場合が多く早期発見が難しい

「脂肪肝」は、最もありふれた成人疾患の一つです。特に30〜40代の男性たちで多く、欧米化された食生活をはじめ、暴飲、不規則な生活によって生ずる肝臓の変性と見ることができます。脂肪肝はほかの肝疾患への悪化を予告する一種の警告でもあり、積極的な早期発見と治療が重要視されます。健康管理が重要な脂肪肝の予防...

≫続きを読む