既に肝機能が損なわれている可能性ある脂肪肝

早期発見が難しい脂肪肝は組織の80%が壊れても症状が出ない

脂肪肝,症状が出ない,早期発見

「脂肪肝」は、最もありふれた成人疾患の一つです。

 

特に30〜40代の男性たちで多く、欧米化された食生活を
はじめ、暴飲、不規則な生活によって生ずる肝臓の
変性と見ることができます。

 

脂肪肝はほかの肝疾患への悪化を予告する一種の警告
でもあり、積極的な早期発見と治療が重要視されます。

 

健康管理が重要な脂肪肝の予防法について調べてみましょう。

 

お酒の飲みすぎ、肥満による脂肪肝原因および症状

 

脂肪肝は肝臓の代謝障害によって中性脂肪と脂肪酸が
肝細胞に5%以上、ひどい場合は50%まで蓄積された状態をいいます。

 

肝臓に脂肪が蓄積されれば、肝臓の色が黄色に変わり肥大化し、
右の胸の下が痛かったり、疲労感を感じたり、小便が黄ばんでいたり、
泡が立つなどの症状を示すこともありますが、ほとんどは
何の症状が現れず、疾患を知らずに過ごしやすいです。

 

しかし、これを放置すれば、肝細胞に炎症が生じたり、細胞が
破壊されることで、肝硬変に進行する可能性があります!

 

脂肪肝の最も大きな原因は飲みすぎと肥満

 

一般的に肝臓に異常をもたらす飲酒量は男性の場合、焼酎約半瓶、
ビール2本で、女性の場合、焼酎4分の1本、ビール一本ほどです。

 

お酒をたくさん飲む人の約75%が脂肪肝になっていると考えられています。

 

 

もし肥満により脂肪肝が生じた場合、体重を減らすことで症状は改善されます。

 

特に腹部肥満は、体内に悪い脂肪が蓄積し深刻化した状態なので、
脂肪の攝取を減らして、軽い有酸素運動によって積極的に
体重を減らす必要があります。

糖尿病も脂肪肝の原因になる場合があり、食事療法と血糖調節、
薬によって脂肪の蓄積を減らしていかなければなりません。

 

Sponsored Link

 

早期発見と予防が重要な脂肪肝

 

脂肪肝は特別な症状が出ない場合が多く、早期発見が難しい疾患です。

 

特に肝臓は組織の80%が壊れても症状が出ないため、体が腫れたり、
黄疸などの症状が現れたときは既に肝機能が損なわれている
可能性が大きいです。

 

そのため、普通のBMIが25kg/u以上だったり、胴回りが女性は90cm、
男性は85cm以上であったり、血清中性脂肪量が150mg/dL以上だったり、
高脂血症、糖尿病、頻繁に飲酒をする人は必ず脂肪脂肪肝の
検査を受けた方がいいでしょう。

 

脂肪肝は放置すると、細胞に蓄積された脂肪肝が入った中の
微細血管やリンパ腺を圧迫、酸素と栄養供給を遮断して
肝臓の活動力の低下を招くことになります。

 

このような状態が持続すれば、脂肪肝から肝炎が生じ、このうち
10〜15%は肝硬変になり、最終的に恐ろしい、肝臓がんへ
進行してしまいます。

 

生活の中で脂肪肝を予防する方法

 

食事は少ない分量で、バランスよく摂取すること。
正常体重の維持が重要であり、最適体重に調節する。

 

減量は体重の10%を3〜6ヵ月程度で徐々に減らすことを
目標にしなければならない。急に体重を減らせば、むしろ脂肪肝を
悪化させることになる。

 

適正体重は自分の身長から100を引いた値に0.9を乗じた値である。

 

過度な糖質(ご飯、パン、麺類、餅、ジャガイモ、サツマイモ、
砂糖など)の攝取を減らす。

 

脂っこい食べ物、特に動物性脂肪の摂取を減らし、
たんぱく質の摂取を心がける。

 

良性タンパク質(牛乳、大豆、小麦、卵、ピーナッツなど)、
メチオニン(タンパク質類)、セレニウム(全粒粉、堅果類、海産物
肉類、穀類、牛乳及び乳製品など)、
レシチン(大豆類)などの摂取が効果的。

 

禁酒や禁煙は必須。
ランニングマシン、ジョギング、自転車、水泳、登山、
エアロビクスダンスなどの有酸素運動を1週間に3回以上、
一度に30分以上行う。

Sponsored Link

関連ページ

脂肪肝を予防する食習慣脂肪、カロリー、アルコール
脂肪肝は特に薬物や手術などによる予防方法がなく、食習慣の改善だけで予防するしかない病気です。誤った生活習慣や食習慣を改善して予防を心がけましょう!正しい食生活習慣は脂肪肝だけでなく、様々な疾病を防ぎます。