脂肪肝に良い食べ物は緑黄色野菜や青魚、春野菜

一般的には脂肪肝は深刻な疾患と受け止められません

脂肪肝,良い食べ物

脂肪肝によるビタミンの代謝低下を改善し、ベータカロチンを含有した
緑黄色野菜は脂肪肝の悪化を防ぐ役割を果たします。

 

にんじん、カボチャをはじめ、トマト、ブロッコリー、茎、ほうれん草、
キャベツ、みかん、トウモロコシなどの食品がいいでしょう。

 

 

脂溶性物質である中性脂肪の含量を下げるのに大きな効果があります。

 

たんぱく質の含量が多く、必須アミノ酸のバランスを表示する
アミノ酸数値が高いという点もあげられます。

 

サンマ、サバ、マグロなどを優先的に摂取することが望ましいです。

 

 

春野菜
ナズナに含まれるコリンやアセチルコリンはは肝臓に脂肪が
蓄積されるのを防ぐ働きをします。
黄ニラも肝臓にいい食べ物です。

 

黄ニラは肝臓の野菜といわれることもあり、
肝機能を回復させるのにうってつけの野菜です。

 


梅の成分は肝臓のクエン酸回路が円滑に回るように働き
肝機能の回復を早めます。

 

晩夏には桃もおススメです。
クエン酸が豊富で解毒作用も強く、古い血を排除して
肝機能を活発にしてくれるます。

 

柚子と木瓜、アサリ
柚子と木瓜は毛細血管を丈夫にして肝機能の活動を促進する。
またアサリも、天然のタウリンとコハク酸がたっぷり入っており、
胆汁分泌を促進して肝機能を回復させる働きがあります。

 

みそ汁などで飲んだ後カラも捨てずに、良く乾かして火であぶった後
粉状にし、1日3回、1小さじずつ温水で服用すれば効果があります。

 

五味子
五味子の有機酸の作用によって肝機能を強化します。

 

実際に短い期間に投与することだけでもGOT、GPTが正常になり、
トランスアミナーゼが調節されるという驚くべき効果を表します。

 

Sponsored Link

 

脂肪肝は肝臓に脂肪質が正常より多くある状態(脂肪の
含有率が10%を超える場合)をいいます。

 

普段からお酒をたくさん飲んだり、肥満の人が疲労感を良く感じたり
全身に力が入らなかったり、または食欲がなくなったりした場合に、
検査を受けてみたところ脂肪肝と診断される事もよくあります。

 

 

しかし何の症状を感じない場合も多く、
症状を感じると言ってもひどくないのが普通です。

 

糖尿病、薬物中毒などによって脂肪肝になることもありますが、
主な原因はお酒をたくさん飲むことや、またはバランスを失った
食生活習慣、特に脂質過多、たんぱく質やビタミン欠乏の
食生活の場合がほとんどです。

 


現在、食生活の変化による肥満者の増加とともに、脂肪肝臓を
持った患者の数が徐々に増える傾向にあります。

 

一般的には脂肪肝は深刻な疾患と受け止められません。

 

しかし、長期にわたるものだったり、あるいは高度の脂肪肝なら、
まれに肝硬変やその他の肝臓疾患へ進行することがあります。

 

 

血液中の脂肪質の増加は、他の臓器や血管への脂肪質の沈着による
心臓疾患、動脈硬化などの成人病を引き起こす懸念もあるのです。

 

漢方的には、酒を好む人や油っこい食べ物をたくさん食べる人は
その毒気(湿熱)が体内に溜まってこのような症状を示していると考え、
酒や油っこい食べ物は湿熱を助長する代表的なものと認識されています。

 

 

そのため、脂肪肝の治療においては原因として作用する湿熱を
除去するのが基本になります。

 

酒による湿熱には汗と小便がよく排出することによって、
湿気と熱気を除去する方法がよく用いられます。

 

Sponsored Link