脂肪肝は早期治療が重要であるという脂肪肝の常識

脂肪肝の常識脂肪肝は早期治療がとても重要です。

脂肪肝治療,脂肪肝の常識

誤った脂肪肝の常識

1.肝臓の数値が正常値であれば、脂肪肝ではない?

脂肪肝患者の10〜20%は肝臓の数値が正常に
現れるため、肝臓の数値が正常であっても
脂肪肝であることがあります。

 

特に糖尿病の場合には脂肪肝の懸念が高まるため、
超音波検査などによって脂肪肝をチェックを行う必要があります。

 

2.脂肪肝は危険ではない

脂肪肝は肝臓がんになる可能性もあるため、
必ず積極的に治療をしなければなりません。

 

3.脂肪肝は、超音波で検査で組織検査はする必要がない

脂肪肝は超音波検査でも検査として十分ですが、
肝炎に移行したかどうかを確認するためには組職検査も
必要となります。

 

特に糖尿病患者では、脂肪肝のである期間が長い場合、
肝炎かどうかチェックした後、治療を行わなければなりません。

 

脂肪肝は、言葉そのままに肝臓に脂肪が
蓄積された状態をいいます。

 

脂肪と関連しているため、脂肪肝は普段食べる食べ物と
密接な関連があり、カロリーが高い欧米化された食べ物と
運動不足はその原因となります。

 

現在、男性27%、女性13%ほどが脂肪肝であるといわれ、
さらに50代以降の女性の場合においては、肥満の影響により
26%と割合が上昇する傾向にあります。

 

脂肪肝はそれ自体の危険性よりも、高血圧、高脂血症、
動脈硬化など各種慢性疾患が併発する危険が
増加することが問題となる疾患です。

 

Sponsored Link

 

脂肪肝はどうして起こるのでしょう。

 

薬物:体への影響が調査されていない一部の健康食品、
薬剤などを本人の体質や状態を考慮しないまま
服用した場合、肝臓に影響があることがあります。

 

油っこい食べ物と過食:脂肪肝にかかった人は、脂肪肝を
引き起こす物の一つである中性脂肪を避けなければなりません。

 

中性脂肪は特に甘い食べ物と油分の多い食べ物に
含まれているので、それらが好きな人は食習慣の改善が必要です。

 

糖尿病:肥満と糖尿病患者の25〜75%程度が
非アルコール性脂肪の症状を持っています。

 

お酒:お酒を毎日飲んでいる場合、90%の確率で
脂肪肝にかかるといわれています。

 

アルコールは肝臓の脂肪酸の酸化分離能力を抑制し、
肝臓に脂肪を蓄積させます。

 

特にアルコール性脂肪肝臓の場合では、脂肪肝にも
関わらずお酒を飲み続けると、肝炎、肝疾患へと
進行する恐れがあります。

 

頻繁な飲み会と食べ過ぎ、そして運動不足に悩む
現代人では、飲酒と肥満二つの要因が作用して
脂肪肝となる場合がほとんどであるため、食生活の改善、
節酒、規則的な運動などにより脂肪肝を
改善することが出来ます。

 

脂肪肝の治療法は?

アルコール性脂肪肝患者では禁酒する必要があります。

 

禁酒することにより、損傷された肝臓は1〜2ヵ月にわたって
徐々に回復されていき、ほとんど正常な状態へ戻ります。

 

肥満による脂肪肝の場合、食事のコントロール
有酸素運動によって脂肪の燃焼を増やし、
体重を減らす必要があります。

 

10%以上体重を減らすことで、肝機能を正常に
戻すことが出来ます。

 

しかし、短期間に急速に体重を減らすことは、
むしろ脂肪肝を悪化させることにつながるので、
1週間に0.5〜1kgほどを目標にし徐々に
減らさなければなりません。

 

脂肪肝の改善はなぜ重要?

脂肪肝は肝炎を経て肝硬変、肝臓がんに
進行することがあります。

 

そのため脂肪肝を軽く考えず、早期発見、定期的な
検査と積極的な治療によって脂肪肝を完治させる
努力が必要です。

 

また脂肪肝患者の主な死亡原因としては、肝硬変、
肝臓がんなど進行した肝臓疾患ではなく、
循環器疾患が多いという報告もあり、不整脈、
狭心症、心筋梗塞などの疾患に対する対策も重要です。

Sponsored Link