脂肪肝に効果が期待されるクコの実の効能効果

クコの効能 - 慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝の緩和に良い食べ物・クコ茶

脂肪肝,クコの効能

慢性肝炎・肝硬変などに服用すれば炎症が除去され、
機能が活性化する効能があります。

 

一般的に生殖機能の虚弱、腰や膝の痛みやしびれ、
遺精・帯下などの症状に有効です。

 

眼科の疾患では視力減退などに効果があり、
老人の白内障の初期症状にも応用できます。

 

クコの実を長く服用すれば、体が軽くなって気力が充実し、
足や腰などが強くなり細胞の老化を抑制する効果があります。

 

一般家庭ではクコ茶(枸杞茶)またはクコ酒(枸杞酒)として
利用され、漢方では強壮剤として使われます。

 

動物で実験した結果、ベタイン成分は生体内の
代謝物質の一つである親脂質物質(脂肪に近い物質)で
あることが分かりました。

 

肝臓で脂肪の蓄積を抑制して肝細胞の生成を促進し、
血圧を下げる作用もあります。
薬性は 平で毒がありません。

 

Sponsored Link

 

クコの代表的な効能を整理してみました。

1、肝細胞の生成を促進するため、肝機能を改善します。
2、肝臓への脂肪の蓄積を抑制します。
3、クコ茶を飲む習慣をつけると体が軽くなって気力が充実します。
4、血圧を下げます。
5、細胞の老化を抑制して、足、腰を強くします。
6、白内障、緑内障などの予防、老化や眼科疾患など
視力減退に効果があります。
7、帯下症状に有効です。
(帯下帯下は外陰部、腟内、子宮頸管(けいかん)、
子宮内腔からの分泌物が生理的にあるいは病的に増えたもので、
いわゆる「おりもの」が多い状態を言います)
8、生殖機能の虚弱、腰・ひざのシビレや痛みの緩和に効きます。
9、漢方では強壮剤として利用されます。
10、遺精症状に有効です。
(遺精性行為なしで、不意に精液が体外に出ること。
睡眠中夢を見ながら訴える場合は生理的現象であり、

それ以外は病的な症状です。 よく虚弱体質に発生します)

 

インターネットに流れているクコの効能はいろいろあります。

 

上記に挙げたクコの効能以外にも糖尿病改善、肌の美容、
動脈硬化など多くの方面に亘って設明しているサイトが多いです。

 

主にクコ茶を沸かして飲みます。

 

クコ茶の作り方はとても簡単です。
クコ茶の葉を入れて麦茶を沸かすように
20分程度沸かして飲めば良いです。

 

クコ茶を直接飲んでみた感想を言えば、上に掲げた様々な
クコの効能を肌で感じることもあります。
ひとまず、疲労回復には最高です。

 

毎日飲めば誰でも効果があると思います。
それ以上は各自の判断にお任せた方が良いでしょう。

Sponsored Link

関連ページ

腹部の肥満や脂肪肝が悩みの方々のための5種類の食品
腹部の肥満や脂肪肝は成人病やさまざまな疾病の原因になりますので、しっかり管理する必要があります。そこで腹部の肥満や脂肪肝を管理するための5種類の食品をおすすめします。これを食べて改善していきましょう。
疲労感が続く場合は脂肪肝をまず疑いましょう。
脂肪肝は症状が出にくく、自ら脂肪肝であることを把握できないという特徴があります。脂肪肝の予防のため、肝臓が元気なうちからその原因と症状を把握しておきましょう。続く疲労感は脂肪肝の症状でもあります。