続く疲労感は脂肪肝の症状、健康検診で診断

続く疲労感は肝臓の自己再生に悪影響を与え脂肪肝に

疲労感,脂肪肝

疲労感が続く? 脂肪肝をまず疑うべし

 

肝臓は我われわれの体に必須な多くの役割を
する重要な器官です。

 

ですので健康でいるためには、その状態を
把握しておくことが重要です。

 

脂肪肝の予防のため、肝臓が元気なうちから
その原因と症状を把握しておきましょう。

 

アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝
飲み会が続いていると、なかなかお酒が
抜けないようになってきます。

 

また、肝臓は自ら再生する機能が非常に強い器官ですが、
毎日続く飲み会はその自己再生に悪影響を与えます。

 

これもまた、脂肪肝の原因になることがあります。

 

肝臓は右肋骨に囲まれている赤茶色の器官です。
正常である肝臓は5%程度の脂肪を含んでいますが、
これを上回るようになると脂肪肝と診断されます。

 

脂肪は、いろいろな原因によって肝臓に過度に
蓄積されるようになりますが、その原因によって
大きく二つのタイプに分けることができます。

 

1.アルコール性脂肪肝

アルコール性脂肪肝はお酒の過度な摂取によって発生します。

 

お酒とつまみは、カロリーが高いものが多い傾向にあります。

 

このような食べ物を継続的に摂取すれば、自然に体に脂肪が
蓄積され、肝臓にも脂肪がたまるようになってしまいます。

 

つまり、過度なお酒の摂取は、肝臓での
脂肪合成を促進させるのです。

 

Sponsored Link

 

2.非アルコール性脂肪肝

非アルコール性脂肪肝臓は肥満患者や、糖尿病や
高脂血症患者、薬を継続して服用する 。

 

一般的に脂肪肝はお酒と関連が深いと思われがちですが、
近年では栄養を取りすぎる事によって、非アルコール性脂肪肝に
なる人も増える傾向にあります。

 

糖分が沢山含まれた食べ物、インスタント食品、高脂肪、
高炭水化物の食べ物を過剰に摂取することで、
非アルコール性脂肪肝になる可能性が高まります。

 

症状が分かりにくい脂肪肝
脂肪肝は症状が出にくく、自ら脂肪肝であることを
把握できないという特徴があります。

 

肝臓に脂肪が蓄積された程度ではあまり問題が
ないような気がしますが、脂肪肝が問題となるのは
他の肝疾患に発展してしまうという点です。

 

脂肪肝をそのままにしてしまった場合、慢性肝炎や肝硬変、
肝臓がんに発展してしまうのです。

 

肥満、糖尿、高脂血症は非アルコール性脂肪肝の原因に
なるだけではなく、狭心症や心筋梗塞、不整脈のような、
心血管疾患の危険が増加するというのも大きな問題です。

 

脂肪肝の症状

しかしながら、わずかではありまが脂肪肝は症状が現れます。
以下が脂肪肝の患者に現れる症状です。

 

1.疲労感と全身倦怠感
2.右の腹部の痛み

 

多くの脂肪肝患者は、表向きには健康に見え、
特段症状が現れません。

 

しかし、頻繁な飲酒または上記の症状に特に注意してください。

 

また症状が現れず、健康検診結果によって脂肪肝を
診断される場合も多いです。

 

定期的な健康診断は疾病を初期に予防するための最も
良い方法であることを忘れず、定期的に受けるようにしましょう。

Sponsored Link

関連ページ

腹部の肥満や脂肪肝が悩みの方々のための5種類の食品
腹部の肥満や脂肪肝は成人病やさまざまな疾病の原因になりますので、しっかり管理する必要があります。そこで腹部の肥満や脂肪肝を管理するための5種類の食品をおすすめします。これを食べて改善していきましょう。
クコの実の効能、脂肪肝に効果が期待される食べ物
クコの実は慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝の緩和に良い食べ物です。クコの実の効能としては、ベタイン成分が生体内の代謝物質の一つである親脂質物質(脂肪に近い物質)で、 肝臓で脂肪の蓄積を抑制して肝細胞の生成を促進し、血圧を下げる作用もあります。