脂肪肝にもウルソデオキシコール酸は効果があります

脂肪肝と高血圧のための食事療法と運動

ウルソデオキシコール酸,改善

病院へ行って高血圧のため脂肪肝になっていると診断され、
体調もあまり良くなく、ちょうど首の後ろがこり、
疲れもたまりやすく感じた場合。

 

胆石にはウルソデオキシコール酸がいいといわれますが、
脂肪肝のある人がウルソや肝臓に良いとされる
薬、サプリメント飲んでも大丈夫でしょうか?

 

また献血などで血の量を減らすと、血圧が下げらるでしょうか?

 

ウルソより脂肪肝と高血圧のための食事療法と運動

 

高血圧や脂肪肝にもウルソデオキシコール酸は
効果がありますが、薬よりも食生活や生活習慣を
改善させることが根本的な治療であると言えます。

 

最も必要なのは、体重のコントロールと食事です。

 

面倒で大変だからと、食生活や生活習慣の
改善を行わず薬だけに頼ることは放棄することにつながります。

 

 

また献血などで血の量を減らしても、
血圧が低くなることはありません。

 

献血も健康な血をしたほうが
望ましいのではないのでしょうか?

 

 

一般的な脂肪肝の場合、アルコールによる脂肪肝と肥満、
食品による脂肪肝がありますが、
どちらの場合も高カロリーの食べ物、
インスタント食品、加工食品、飲み物、脂っこい食べ物などの
摂取量を減らした方がいいでしょう。

 

Sponsored Link

 

つまり脂肪肝の多くは肥満ですが、その肥満から
脱却することが最も重要といえるでしょう。

 

 

肥満であれば、脂肪組織で分解された脂肪が、
最終的に肝臓に蓄積されるようになる場合もあります。

 

 

脂肪肝は、原因によって異なりますが肝炎で進行することもあり、
肝硬変や肝臓癌で進行する場合も、比較的まれでは
あるもののありうるので脂肪肝と診断された場合は
周期的な検診が必要です。

 

 

脂肪肝になった後も飲酒を続けたり、
肥満がひどくなったりすると、
肝硬変に進行する確率も高くなり、
そのスピードも速まります。

 

 

脂肪肝と高血圧は原因が食生活や生活習慣である場合が多く、
それらを管理することで脂肪肝と高血圧両方対策することができます。

 

 

高血圧は誤った食生活が大きな原因であり、
刺激の強い化学食品を繰り返し摂取することで
血液に不純物が常にある状態になり、その血液から
血管へ老廃物質が蓄積され、それによる
血行に障害によっておこります。

 

 

そのために高血圧を改善するためには、
適正な食生活へと改善する必要があります。

 

低塩食、低脂肪式、高蛋白、ビタミン豊富な食事を心がけましょう。

 

脂肪肝と高血圧のための食事療法と運動

1,過食を避け、ゆっくりしっかり噛んで食べるようにの習慣づけましょう。
よくかんで食べることで、口の中のつばと胃酸が
出ることを促し、食べた物を助けます。

 

2,インスタント食品やお菓子、ケーキパン、アイスクリーム、
ドーナツ、チョコレート、ラーメン、飴、コーヒーミックス、炭酸飲料、
また白米や小麦粉の加工食品、油で揚げた料理、
炒め物などを控えるようにしましょう。

 

3,低脂肪、高蛋白の食事が好ましく、肉類よりは雑穀(玄米、麦)に
豆類(味噌、チョングッチャン、モヤシ、おから)、魚類、海鮮類、
海藻類、キノコ類、などを摂取するようにしましょう。

 

特にきのこ類は、薬用に利用されることもあり、
健康を管理するのに役立ちます。
適度に果物を食べるのも効果的です。

 

4,脂っこい食べ物だけが、肥満に影響があると
考えられている方もいらっしゃるかもしれませが、
白米や、小麦粉などの炭水化物、繊維質のない糖類も
体内で脂肪として蓄積されて肥満の原因になります。

 

5,小食を心がけ運動により正常体重を維持しましょう。
特にジョギング、登山、散歩などの有酸素運動は有効です。

 

Sponsored Link

ウルソよりも食生活や生活習慣を改善させることが治療記事一覧

毒性物質による肝損傷及び肝機能低下の予防に効果的

ミルクシスルは伝統的に授乳部の母乳の生成促進に有効に使われており、その後、次第に肝臓の治療のために利用されるようになりました。ミルクシスルは細胞の代謝過程で生成される毒性物質による肝損傷及び肝機能低下の予防に効果的であり、肝炎発生後に表われる場合がある慢性の肝臓機能低下の改善に役立つ健康食品です。原...

≫続きを読む