シリビニンは様々な研究や実験にて肝機能向上の効果

シリビニンは最も効果的な肝臓の毒性除去機能を持っている

シリビニン,肝機能向上,効果

ミルクシスルは伝統的に授乳部の母乳の生成促進に有効に使われており、
その後、次第に肝臓の治療のために利用されるようになりました。

 

ミルクシスルは細胞の代謝過程で生成される毒性物質による
肝損傷及び肝機能低下の予防に効果的であり、
肝炎発生後に表われる場合がある慢性の
肝臓機能低下の改善に役立つ健康食品です。

 

 

原産地は、欧州やロシア南部、アジア中部、北アフリカであり、
現在は南北アメリカ、オーストラリア南部、ヨーロッパの
中部地方でも採取することができます。

 

ミルクシスルは様々なフラボノイド類を含有しており、
そのうち代表的なものがシリビニン(silymarin)です。

 

シリビニンは最も効果的な肝臓の毒性除去機能

 

ミルクシスルの抽出液には一般的に70〜80%のシリビニンが
含まれていて欧州では肝機能低下などに対する治療のため
シリビニンを広く使用しています。

 

シリビニンは様々な研究や実験にて肝機能向上の
効果が報告されています。

 

肝臓の壊死や肝硬変をもたらす肝臓の毒性物質の抑制に
かなりの効果があることが知られており、またフリー・ラジカルか
ら幹細胞の損傷を防ぎ、新しい肝細胞の生成を促進させ、
ビタミンEの数十倍に達する抗酸化効果を持っています。

 

 

健康な人を対象に実施したある実験では、シリビニンが抗酸化および
解毒作用に使用される肝臓のグルタチオンの含量を、35%以上も
増加させたという結果が報告されたことがあります。

 

そして二重盲検法においても、毒性による肝臓機能低下、
肝組織への脂肪蓄積防止、また慢性肝炎にも、シリビニンが
非常に効果的だという結果が発表されました。

 

Sponsored Link