食事の速度が早いと脂肪肝の危険が高くなる

脂肪肝の危険、飲酒肥満のほかにも食事の速度とも関連

脂肪肝 食事の速度

食事の速度、早ければ脂肪肝危険度、2倍以上高くなる
という主張と関連し、食事の速度による
非アルコール性脂肪肝臓の発生を分析すると、
食べるスピードが早いほど、脂肪肝患者の割合が
増加したことが明らかになりました。

 

これは肥満が原因ではないかという誤解を避けるために、
痩せた人だけ追加で調査したときにも、同様に
食事時間が5分未満なら、脂肪肝の発生の危険が
2倍以上増加したという分析なりました。

 

普通、お腹が膨らむと胃腸管で、食欲抑制ホルモンが
分泌され、脳で食べないように信号を送るまで
15分程度かかると言います。

 

しかし、痩せた人を対象にした研究で食事の速度が速いと、
食欲抑制ホルモンが作動する前に
多い量のカロリーが体に入って、インスリン効果も落ち、
脂肪肝臓を誘発するということです。

 

したがって、早い食事において成人病危険も大きくなるため、
予防のためにこれから食事をする時は食べ物を
15分以上ゆっくり召し上がったほうがいいでしょう。

 

Sponsored Link

成人の、食事時間は10分以内、脂肪肝リスク高い

最近、食事の速度が早ければ成人病危険も大きくなる、
という研究結果が出て、注目を集めています。

 

健康検診を受けた8千人余りを分析した結果、
調査対象の52%が10分以内に食事を終えることで知られています。

 

つまり、食事の速度が早いほど脂肪肝の
発生の危険がそれほど高く、成人の半分以上は早い食事の
速度によってこのような危険に常にさらされている
という研究結果が出たのです。

 

食事の速度、早ければ成人病危険度2倍以上高くなる
という今回の研究は食事を速める場合、食欲抑制ホルモンが
作用する前に、多量のカロリーが体に入って
インシュリンの効果を落として簡単に内臓脂肪が積もって
脂肪肝臓を誘発するということです。

 

したがってこれを予防するためにはこれから食事時間を最小で
15分以上持ってなるべくゆっくり長くしっかり噛んで
食べる習慣をつける必要があります。

 

食事の速度、早ければ成人病危険、脂肪肝危険2倍高い

 

成人の半分以上は10分も経たないうちに、
食事を終えるという調査があります。

 

問題は食事の速度が早ければ早いほど脂肪肝の
発生のリスクも2倍以上大きくなるということですが、
結局、食事のスピードが早ければそれだけ
成人病危険度が増加しかねないという事実です。

 

今後はこれを念頭においてゆっくりと食事をする習慣を
つけるように注意しなければなりません。

 

食事の速度と関係のある脂肪肝とは?

食事の速度、早ければ成人病の危険性が増し、
その中でも脂肪肝の危険性が繰り返し強調されました。

 

正常の肝臓の場合、脂肪が占める割合は5%程度ですが、
それより多くの脂肪が蓄積された状態を脂肪肝といいます。

 

栄養状態が良くなって成人病が増えていくことによって
脂肪肝患者も増える傾向にありますが、脂肪肝は
酒を飲みすぎによるアルコール性脂肪肝臓と肥満、糖尿病、
高脂血症、薬物などによる非アルコール性脂肪肝臓に分かれます。

 

脂肪肝の主な原因は飲酒と肥満が代表的で、
血中脂肪質の濃度が高い高脂血症や糖尿病などの
疾病に伴なって現われて、女性ホルモン剤などの薬剤も
原因となることがあり、ひどい栄養不足によっても脂肪肝があります。

 

脂肪肝がある人は外見上では健康に見えるが、
疲労感と全身倦怠感、または右の腹部の痛みを訴える人まで
様々な症状が伴ないます。

 

脂肪肝臓の原因になる肥満、飲酒、高脂血症、糖尿病などの
要因を矯正および除去するのが、
治療方法として知られていますが、食事の速度が早ければ
成人病危険が大きくなりうるので、食事の速度調節にも
注意しなければなりません。

Sponsored Link