脂肪肝のアルコール性、非アルコール性の特徴は

脂肪肝のアルコール性と非アルコール性の特徴

脂肪肝,アルコール性,非アルコール性

最近は飲酒をしないが、炭水化物を過剰に摂取する
女性たちの間でも、非アルコール性脂肪肝が多く発生しています。

 

アルコール性脂肪肝臓の特徴

持続的なアルコール摂取によって腹部の皮下脂肪と肝臓に
脂肪が蓄積されて脂肪肝が発生するようになり、
それが長期に渡る場合には、肝臓の過度な脂肪によって肝細胞の
壊死で炎症が生じ、一部は慢性肝炎や肝硬変に進行します。

 

非アルコール性脂肪肝の特徴

肥満、血中脂質の濃度が高い高脂血症、糖尿病が原因でおこる
以外にも、深刻な栄養失調、注射を利用した栄養供給など
多様な原因によって発生します。

 

脂肪肝は検査を受けなければ発見できずに偶然の検査を通じて
知るような場合が多いです。

 

脂肪肝臓は脂肪蓄積度合いや時間、その他の疾患があるかによって
それぞれ危険性が異なります。

 

アルコール性脂肪肝臓の場合には消化機能の低下、
食欲低下などの症状と疲労感を感じる場合が多く、
急激に肝臓に脂肪が沈着した場合には、肝臓の膨大による
右肋骨の下に不快感や痛みを訴えたりもします。

 

Sponsored Link

 

脂肪肝の治療方法とその予防方法について

 

忙しい日常のによる不規則な生活習慣、過労とストレス、
誤った食習慣、頻繁な飲酒、運動不足などは
脂肪肝の原因とながりがちです。

 

脂肪肝は身体の他の部位で脂肪が
肝臓にたくさん運搬されたり、肝臓の脂肪分解能力
及び除去能力が落ちると発生します。

 

肥満、飲酒、糖尿病などが最も一派的な脂肪肝の原因です。

 

脂肪肝は言葉のまま、肝臓に脂肪が過度に蓄積されることで、
正常な肝細胞が破壊されてる状態を意味します。

 

肝臓は人体の化学工場として、さまざまな役割を担当する
重要な機関ですが、飲食などで摂取した脂肪質を
円滑に処理できないとき、脂肪肝となってしまいます。

 

脂肪肝であっても、これといった症状は現れませんが、
脂肪が肝臓内に蓄積されている状態が持続されることで
高血圧、高脂血症、動脈硬化など各種慢性疾患及び
血管の疾患の危険が高まる、危険な疾患です。

 

脂肪肝の治療方法

 

脂肪肝の治療方法で最も優先すべきことは、肥満、
アルコール、糖尿病などの因子をとり除くことです。

 

お酒をやめて、過食を避けてバランスの取れた栄養の摂取や
規則的な食生活、そして適度な運動を毎日行うことが重要です。

 

こうした基本的な生活習慣が守られなければ、
薬を服用しても脂肪肝を完治することはできません。

 

また糖尿病のような、各種の成人病治療などによっておこる
脂肪肝などの2次的な疾病を予防することができます。

 

 

脂肪肝に良い食習慣

 

健康的なな食習慣は最も効果的な脂肪肝の治療方法です。

 

飽和脂肪酸が豊富な肉類、加工食品などは避けて、タンパク質、
ビタミン、ミネラルが豊富な食品を摂取しなければなりません。

 

また、飲みすぎと過食に注意し、糖類を多く含んだ食品も
避けたことが、脂肪肝の治療法であり、同時に予防する方法です。

 

今回は脂肪肝の治療方法をお伝えしました。

 

脂肪肝はなかなか発見しづらい疾病ですので、危険信号が来る前に
あらかじめ健康な生活習慣に脂肪肝を予防して下さい。

Sponsored Link

アルコール性と非アルコール性脂肪肝で気をつけること記事一覧

アルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝を合併

いわゆる脂肪肝は肝臓に脂肪が異常に蓄積されている症状で、大きく分けると二種類になります。お酒をよく飲むと発症するアルコール性脂肪肝と、お酒はあまり飲まなくても、肥満や、高脂血症、糖尿病などとの関連で発症する非アルコール性脂肪肝です。実際には二種類が合併しているケースが非常に多いです。アルコール性脂肪...

≫続きを読む