非アルコール性脂肪肝はこわい成人病を併発する

成人病患者が増えると脂肪肝患者も増える

非アルコール性脂肪肝 成人病

正常な肝臓では、全体における脂肪が占める
割合が5%程度ですが、これよりもっと多くの脂肪が
肝臓に蓄積された状態を差して、脂肪肝といっています。

 

人々の栄養状態が良くなり、成人病患者が
増えている現在、脂肪肝患者も増える傾向にあります。

 

脂肪肝はお酒の飲みすぎによるアルコール性脂肪肝臓と
肥満、糖尿病、高脂血症、薬物などによる
非アルコール性脂肪肝臓に分けることができます。

 

アルコール性脂肪肝臓はアルコールをたくさん摂取する
ことによって、肝臓で脂肪の合成が促進され、
正常なエネルギー代謝が行われないことで発生し、
非アルコール性脂肪肝臓はそれとは別に成人病等によって
併発する場合が多く、注意しなければなりません。

 

脂肪肝の主な原因は飲酒と肥満です。
脂肪肝である場合症状として、

  1. 高脂血症と糖尿病などの疾病が発症
  2. 慢性的な疲労感と全身倦怠感
  3. 右腹部に痛みがある

などが出る場合がありますが、症状が出ないこともよくあります。

 

Sponsored Link

脂肪肝の治療

脂肪肝の原因である肥満、飲酒、高脂血症、糖尿病などの
要因を修正および除去する事が、根本的な治療法となります。

 

アルコール性脂肪肝臓の場合、お酒をやめ、肥満が原因の
場合には体重を減らし、糖尿病に伴う脂肪肝の場合、
血糖値を適切に管理しなければなりません。

 

高脂血症が原因の場合には、血液内脂肪質の濃度を
正常な状態に戻すことが重要です。

 

一般的な肝臓の病気の場合、栄養を豊富に取りしっかりと
体を休めなければなりませんが、脂肪肝の場合には、
そうする事によって状態がもっと深刻になってしまいます。

 

規則的な生活と適度な運動によって血糖をコントロールし
血中脂質の濃度を正常戻すことが第一です。

 

また、タンパク質が豊富な食品と新鮮な野菜にて、バランスの
取れた食事を取ることも合わせて行うといいでしょう。

 

今回は脂肪肝についてお話ししました。
脂肪肝の予防法は禁酒と食生活の改善です。

 

酒を減らして適度な運動を行うことで肝臓脂肪を減らすことが
望ましいですし、もし上記のような症状が現れる場合、
早々に病院を訪問して診断と治療を受けるのがいいでしょう。

Sponsored Link

非アルコール性脂肪肝は成人病によって併発する記事一覧

脂肪肝は、血中尿酸値が高く内臓脂肪を蓄えた結果

脂肪肝は、血中尿酸値が高いことと関係があります。従って、脂肪肝であれば体重をコントロールする必要があります。標準体重kg=(身長cm-100)x 0.9しかし、食事をしなかったり、食事量を急激に減らしたりすることは尿酸値の突然の変動につながり痛風を悪化させることがあるので避けなければなりません。必ず...

≫続きを読む