血中尿酸値が高く内臓脂肪を蓄えると脂肪肝

脂肪肝は尿酸と関係がある、痛風の予防に良い食べ物

脂肪肝,尿酸値

脂肪肝は、血中尿酸値が高いことと関係があります。

 

従って、脂肪肝であれば体重をコントロールする必要があります。
標準体重kg=(身長cm-100)x 0.9

 

しかし、食事をしなかったり、食事量を急激に減らしたり
することは尿酸値の突然の変動につながり痛風を
悪化させることがあるので避けなければなりません。

 

 

必ず避けなければならない食べ物は牛・鶏・豚の内臓類、
白子・アンキモ、カツオブシ・煮干、魚の干物、甲殻類などや、
肉類・魚類の内臓類、魚介類の干物などです。

痛風の予防に良い食べ物と痛風の予防及び治療方法

コーヒーとお茶は飲んでも良いです。
しかし、1日2杯以上は控えてください。

 

お酒は特に気をつける必要があります。
アルコールを過剰に摂取すると体内尿酸値の上昇と
痛風の発作を促すことになります。

 

毎日、水を少なくともコップ10〜12杯飲む
習慣をつけると良いです。
このくらいたくさん水を飲むと、尿酸を尿として
排泄することに役立ちます。

 

Sponsored Link

 

プリン体、蛋白質、果糖や脂肪含有量が
少ない食事をするようにします。
プリン体の含有量が高い食べ物の摂取を制限して、
体内の尿酸産生を防ぎます。

プリン体の含有量が多い食品

ニシン、サバ、イワシ(青魚)、内臓類(ホルモン、肝臓、
腎臓、心臓)、肉スープ、きなこ

プリン体の含有量が中間の食品

肉類とその加工品(ハム、ソーセージ、ベーコンなど)、
豆類とその加工品(大豆、小豆、味噌)、モヤシ、もやし、麦芽、アスパラガス

プリン体の含有量が少ない食品

米、麦、そば、トウモロコシなど穀類、その加工品
(クラッカー、マカロニやスパゲッティ)、
ジャガイモ、サツマイモ、サトイモ、果物とその加工品
(缶詰、ジャム、果汁)、
野菜類(全体)、海苔、ワカメ、昆布などの海草類、
卵・牛乳とその加工品(チーズ、バターなど)、
油脂類(天ぷら、油など)、
調味料(酢、塩、砂糖、蜂蜜、飴)、
嗜好品(コーヒー、ココア、チョコレート、茶、炭酸飲料)

 

必ず避けなければならない食べ物は魚や海産物、
肉類、ビールです。

 

その代わりタンパク質を補充するために牛乳や乳製品、
豆類(最近の研究結果では痛風とは無関係と立証済)
を摂るようにします。

アルコールと肉のスープを避けて、水と飲み物を十分に摂る

1. 食べ過ぎなければ好きな物を食べて良いです。

 

2. 尿酸値を増加させる食べ物はできれば避けたほうが良いです。
避けたい食べ物は 牛の脳や腎臓、肝臓 肉のスープ 
イワシ、カタクチイワシ魚の脾臓などです。

 

尿酸値がとても高くて尿酸低下剤を服用しているならば、
敢えてストレスになるようなダイエットをする必要はありません。

 

3. 脂肪肝は尿酸と関係があります。 脂肪肝体の場合、
体重のコントロールは必須です。 しかし、食事をしなかったり、
食事量を大幅に減らしたりすると尿酸値が
更に上がって痛風を悪化させます。

 

脂肪肝でなければ、飲食する量をコントロールして
脂肪肝体にならないように注意しましょう。

 

4. 毎日、水と飲み物を十分に飲むようにしましょう。
水をたくさん飲むことによって尿酸が体外へ排出され
尿酸決定に役立ちます。

 

5. コーヒーとお茶は飲んでも良いですが、飲酒は気をつけてください。
お酒をたくさん飲むと尿酸値が上がり
急性発作が生じる恐れがあります。

Sponsored Link