脂肪肝臓の原因と予防法について調べてみます

脂肪肝の原因は大きく4つお酒、肥満、糖尿病、高血圧

サラリーマン,健康診断,脂肪肝

人は社会生活や経済活動、人間関係などいろいろな
原因によって、自分でも知らないうちにストレスをためています。

 

このようにたまったストレスを飲酒、喫煙、暴食などで
解決したりする人もいますが、この誤った生活習慣や
食生活によって多くの人々が経験しているのが脂肪肝です。

 

 

脂肪肝の原因は大きく4つに分けられます。
お酒、肥満、糖尿病、高血圧などです。

 

また脂肪肝はアルコール性脂肪肝と非アルコール性脂肪肝臓に分類されます。
このように分類されている理由は、おそおので治療方法が異なるからです。

 

 

アルコール性脂肪肝

それではまずアルコール性脂肪肝臓について説明しましょう。

 

ほどほどにお酒を飲むのであれば脂肪肝にはなりませんが、
習慣的に、毎日のようにお酒を飲むことによって脂肪肝と
なりやすい体となってしまい、慢性的な飲酒者の
約90%以上に脂肪肝が発生します。

 

Sponsored Link

 

ほとんどのアルコール性脂肪肝臓は症状もなく、
お酒をやめればよくなりますが、一定の限界以上の大量の
お酒を飲むと急性アルコール肝炎となることもあり、
それが続くようであれば肝硬変まで進行することもあります。

 

 

一日に6合以上お酒を飲み続けば、30%程度確立でで肝硬変となります。

 

肝硬変まで症状が進むと、腹水がたまり意識も朦朧として
血を吐くようになり、さらに進行して肝臓がんになる場合もあります。

 

こうなる前に何としても症状の進行を防ぎましょう。

 

お酒飲む人の中には、その気になればいつでも
お酒をやめられると考えている方がいらっしゃます。

 

しかし、お酒をやめることはタバコをやめる以上に、非常に難しいです。

 

禁酒した人の95%以上が再びお酒を飲む、という統計結果もあります。

 

アルコール中毒は一つの疾病として認知されており、
一人で力では直すことは難しく、必ず専門家の助けと
薬物療法が必要となります。

 

非アルコール性脂肪肝

食生活が豊かになったことで、非アルコール性脂肪肝臓も
急激に増加しています。

 

非アルコール性脂肪肝臓の原因は肥満、糖尿病、
高血圧により起こります。

 

その中でも肥満が一番影響の大きい原因であり、
また肥満により、糖尿、高血圧も発生するため、
肥満をいかに対策するかが重要となってきます。

 

 

しかし体重のコントロールもお酒をやめることと同じぐらい難しいです。
特に女性たちは一生頭を悩ます問題でしょう。

 

体重のコントロールだけでも糖尿病、高血圧が改善されるため、
体重のコントロールは脂肪肝患者にとって最も重要な治療であるといえます。

 

体重の減量は、3つの内容をを同時に行わなければなりませんが、
効果が高く、習慣づけることで持続させることも可能です。

 

まず1日に摂取するカロリーを体重1キログラム当たり
25-30Kcalに制限しましょう。

 

メニューにも変化を与えなければなりません。
炭水化物と低脂肪の食事をして不飽和脂肪酸を
摂取することを心がけましょう。

 

トランス脂肪と清涼飲料水はなるべく避けたほうが賢明です。

 

そして必ず、食事の管理と並行して運動を行わなければなりません。

 

運動は1週間に3回以上30〜45分くらいの頻度で、
心拍数がやや増加する程度の有酸素運動が好ましいです。

 

 

脂肪肝は、それだけでも肝硬変が発生する可能性があり、
さらに進行することで、肝臓癌にいたる場合があるため、
その様に進行する前に、専門医に相談した治療にと
取り組むのが良いでしょう。

 

Sponsored Link